このブログはTRPGでの出来事なんぞを、書こうとしてる ブログですよ。
冬吹雪。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
わぉ…。
2007-05-14-Mon  CATEGORY: TRPG
学園NPCミタライを書いてみた。

うーむ。
自分にしてはうまく書けた方?

まぁ、見たければ追記にでも。
20070514230931.jpg


左がミタライ。右がアリアスなんだけど…。
画力が安定しない。アリアスの髪の毛また伸びてるし(´・ω・)

ミタライ:「なぁ、お前、髪の毛うっとおしくないか?w」
アリアス:「別に。」
ミタライ:「夏とか地獄そうだけどなぁ…。」
アリアス:「そういえば、聞きたかったんだけど。」
ミタライ:「んー?」
アリアス:「お前さ、この間の模擬戦の時、手加減した?」
ミタライ:「ないない、お前、アハト相手に手加減なんかしてられっかよ。」
アリアス:「…そっか、なんか、えらくあっさりやられてたからな。」
ミタライ:「まー、俺も一応シーフの心得は合ったけどな。アハトは別格だな。あと、ラフィニアだっけか。」
アリアス:「あー、確かに。ルッカも凄かったけどね。」
ミタライ:「上位3人は順当、ってとこか。お前のパーティの誰かは上位に入るとは思ってたしな。」
アリアス:「いつも思うんだけど、タライ、そんな情報は何処から…。」
ミタライ:「誰がタライだっ!?まっ、其処は企業秘密だ。」
アリアス:「気になるなぁ。」
ミタライ:「別にシーフの仕事は戦闘だけじゃないって事。独自の情報網くらいは確保しておかないとな。」
アリアス:「(…やっぱり、こいつは使えるな…。)」
ミタライ:「おーい、アリアス、何ぶつぶつ言ってんだ。」
アリアス:「別に。」
ミタライ:「俺はお前がいつも何考えてるのかが気になるんだけどな。」
アリアス:「まぁ、色々だよ、色々。」
ミタライ:「男が考え事をする時は殆どいやらしい事か、いたずらのことを考えてるとか、女子が言ってたけどな。お前、前者は無さそうだもんなぁ。」
アリアス:「は?何の話だよ。」
ミタライ:「フラグ立てるだけ立てて回収はしないって話。」
アリアス:「訳がわからん。」
ミタライ:「まー、お前はそのままで良いよ、うん。俺たち、ずっと友達だよな?」
アリアス:「………うん。」
ミタライ:「今の間は何だよっ!?」
アリアス:「まぁ、気にしちゃいけない事もあるよ。タライ。」
ミタライ:「だからタライじゃねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」
ジミー:「あの、2人とも、もう授業始まってるんだけど…。」
2人:「あ。」
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 冬吹雪。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。