このブログはTRPGでの出来事なんぞを、書こうとしてる ブログですよ。
冬吹雪。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
キャンペーン人物辞典。
2006-11-11-Sat  CATEGORY: 『真名』データ及びルール。
と言うわけで設置してみる。
ちまちま更新していこう。
……超越表改正する時間ないよ(爽

アハト・フォンタイン PCの一人。断罪の剣と呼ばれた戦闘集団の一員。現在は導かれし者の警護、そして同部隊に所属。かつてはスラムで育ったらしい。

アメディア・ラーカイル かつての大戦において4英雄『消滅の魔導士』アメディアと称された女性。『魔王』守護名『消滅』を宿していたとされる。其の能力は他者に追随を許す事のない魔法士だったとされる。大戦時にヴァーゼンを退却させるため、其の命を散らしたとされる。
案内 文字通り、案内する人。性別は女性だそうです、現在彼氏募集中だとか。

犬 王直属部隊『魔』における情報収集を担当する者。オルフォスへ潜入。捜査をしていたが、リプレイ第3話により何者かにより殺害された模様。犯人は魔名と真名を同時に持つ男。

ヴァーゼン・ヴェルン オブディガンの現王。かつての大戦において4英雄『英雄』ヴァーゼンと称され、王となった。現在の『魔王』継承者とされている。かつてはグレートソードを手に、戦場を駆け、ジェノサイダーとも呼ばれた。しかし、其の裏ではプリン好きな只の男。


カルバスト・バスタック 断罪の剣、『断頭台』の団長。其の性格は副長とは一点変わっておちゃめである。しかし、彼が戦闘へひとたび参加すれば、そこは血の海となり、地獄と化すとされる。
しかし、ファルストにリプレイ4話にて殺された模様。


ジェド・スミス PCの一人。アハトと同じくしてかつては断罪の剣に所属、現在はアハトと同ミッションについている。尚、断罪の剣副長「シルメア・カイツェン」のアハトに対してのスパイでもある。

ジェネケイド・アスメント セリアの父。その変な行動からは想像できないほどの冒険者だったらしい。リプレイでは本名は出てきてはいない。

シルメア・カイツェン 断罪の剣、『地獄』の副長。優秀な者を見つけ、刃物を突きつけて部隊に入らないか?と脅すらしい。アハトはお気に入りらしい、彼女いわく「あの感触がたまらない。」だそーですけど?

ゼクス・エピオン PCの一人。オブディガンの王「ヴァーゼン・ヴェルン」直属部隊『魔』のメンバーだった男。かつてはアハトや、ジェドと同じく断罪の剣に所属していたらしい。

セリア・アスメント 我らが主人公?へんな老人に捕まりオブディガンへと召喚された。世界に変革を齎すとされる『導かれし者』らしい。
正義感に燃え、どうやら元の世界に帰る事はは忘れているようである。


テイル リプレイ第3話最終において拾った捨て子サウルス。育つととっても役立ちます。マッドサイエンティストに狙われやすいらしい。

トーマ・ゼクシオス パシリキング。やられ役。飼育係など様々な側面を持つ男。しかし、其の能力は優秀らしい、発揮しませんが。別名不幸の名の下に生まれた男。


謎の猫 白くて目が青い猫。ファルストが飼い主らしい。


傍観者 キャンペーン、序章において出現した者。その詳細は謎に包まれている。別名「世界を愛せなかったもの」

ファルスト リプレイ第3話において名を封印する扉の前に現れた少年。其の容姿は飼っている猫のように髪は白く、目は青く澄んでいる。
リプレイ4話、ラストにて其の本性を表した?


元従者 リプレイ第2話において仕事をジェドに奪われた哀れな奴。しかし、世界についての知識は他者に追随を許さない。口調が可笑しいですけどね。

モーフォス・ハックベリル かつての大戦において4英雄『人を捨てし者』モーフォスと称された男。『魔王』守護名『魔人』を宿していたとされる。其の能力は影のように現れ、影のように去る手練士だったと言われる。かつては、オルフォスに所属していたらしいがどういう経緯かオブディガンへついたらしい。アメディア・ラーカイルと同じくヴァーゼンを守るため其の命を戦場で散らしたとされる。






リアラ=ラムハルト PCの一人魔導研究所アーテクルスに所属していた、導かれし者における研究の第一人者。しかし、他の知識は妙に偏ったおねーさん。下僕にトーマと呼ばれる青年がいる。

リヴェイド・ザッハーゲン かつての大戦において4英雄『絶界の騎士』リヴェイドと称された男。『魔王』守護名『断界』を宿していたとされる。其の能力は比類なき戦闘能力を持った戦士とされている。大戦を其の命を持って終結させたのは、オブディガンにおいてあまりにも有名。
老人 セリアを本の中へ導いた直接的な要因。其の正体は不明。「友を頼む」そうセリアに言い伝える。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 冬吹雪。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。