このブログはTRPGでの出来事なんぞを、書こうとしてる ブログですよ。
冬吹雪。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
無題。
2008-06-21-Sat  CATEGORY: 雑記
さて、今日は土曜日です。

お休みですよー、久々に今日は遠出するんだ。
今回は電車乗り間違えないように気をつけまs(ry

余計なお金掛かったからな前回……。

むしろ俺の電車に乗らない頻度が異常。
最近っていうか俺って本当瞬間的記憶力しかないから困る。



悪鬼。


生まれは小さな集落だった。

子供の頃から悪戯が過ぎるといわれ続け。

将来はろくでもない大人になるんだ、自分でもそう思ってた。

何も起こらない普通の日常。

それを失ってから僕達はその尊さにやっと辿り着く。

壊れた日常を取り戻したくて。

── 既に自分が壊れている事にも気付かないで居る。

傷だらけになって、それでもこの体は止まらない。

ただ心が叫ぶのだ。

返せ!

返せ!

返せ!

と。

少なくとも、彼を見て昔はヒトであったなど、もはや分かろう筈も無い。

今の彼は純粋な人間に害を向けるただのバケモノに過ぎない。

時は流れて、彼の話は聞かなくなった。

何処かで死んだのか、それとも、まだ。

彼の名は【悪鬼】。

又の名を、イェコフ。

過去の残る悪名高いヒトからヒト為らざる者になった、鬼である。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 冬吹雪。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。