このブログはTRPGでの出来事なんぞを、書こうとしてる ブログですよ。
冬吹雪。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
胸が一杯になって。
2006-10-23-Mon  CATEGORY: TRPG
昨日、TRPG遊戯会で参加していた毎週日曜日のキャンペーンが
終わりを告げました。

回数を数えれば8回。其の8回の中で、出来た思い出というのは
やはり、なんと言いますでしょうか、こう、普通のセッション
とは何か違う感じで。
当初、初キャンペーン参加ということもあり、周りはベテランさん
PLさんばかりで、当初は、どうやって絡んでいこうかなぁ、
とか、悩んでたんですが、回数を重ねるうちに、徐々に
PCのパーティの立ち位置とかが、分かってきて、いつの間にか
そこに居るのが当たり前のようになってるように錯覚してしまって、
終わりの時には、「あぁ、もうこのパーティで、冒険をする事は、ないのかなぁ」と、感慨深く、考えたわけで。

もう、ザフィさんを助けたり、リセリアさんやコノハさんの
黒い戦いを眺めたり、ルーさんの大砲に驚いたり、フェネルさんの
華麗な操船技術を見ることも無くなるんだなぁ、と思うと、
ちょっと、寂しかったです。PC自体の人生は続いて、これからも
お仕事で同じになるかも知れないんですが、それでも、今回の
キャンペーンで出来た思い出は、PCにとっても、PLにとっても、素敵な思い出です。

最後の最後で、ルーさんが大砲に、「お疲れ様でした」と言った時には
ちょっと、リアルのほうでもPLがちょっとうるっと、来てしまって
たりとか。其の後、PC全員で船に「お疲れ様でした」と言ったんですが
それが、さらにあぁ、もう、これで終わりなんだ。という、心に拍車を
かけて、余計に寂しくもあったんですが、其の後、みんなでDQ島へ
そのまま冒険に出かけて行ったうちのPC、ヴィルヘイムはきっと
PLは知りませんが、きっと、また新しい、いい思い出を作って
居る事に違いないと思います。其処に、PLである、自分が居ない事は
残念に思いますが、それが、素晴しい思い出である事を、背後である
自分は、信じています。
そう、きっと、『いつも』のように彼は笑い、驚き、あるときは
ふざけて、其の一時を、過ごしている事を信じて。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 冬吹雪。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。