このブログはTRPGでの出来事なんぞを、書こうとしてる ブログですよ。
冬吹雪。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ノータイトル。 書き殴るだけだ。
2007-11-25-Sun  CATEGORY: 雑記

以下追記へ。


見ても何もつまらないと思うのですよ。
いつかの夢の光景を思い浮かべる。

そこには笑っている自分が居て、とても自分が居る所とは思えない。

けれど、確かに夢の中の自分はそこに居るのだ。

その夢は何時見たものなのかすら記憶に残っていない。

年月を数えるのももう忘れてしまった。

隣に居るはずの友人達の顔は黒い影に削り取られていて何も見えない。

唯一はっきりと思い出せる顔は自分がかつて愛した女性だけ。

だが不安になる。本当に、自分はその女性を愛していたのか?

友人ととても大切な約束をした記憶がある、でも内容が思い出せない。

それはとても哀しい約束だった気がする。

思い出そうとすると、もう涙は流れないはずなのに、心が悲鳴を上げる。

友人の顔はきっと笑っていただろう、そんな気がする。だが、約束は哀しい物だったのだ。

思い出せなくて済まない。もう、自分が覚えているのは何故自分がこうなったのか?そして、ほんの少しばかりの自分を保つ為だけの記憶と、自我にしか過ぎない。

自分は、もうきっと壊れているのだろう。

目の前には人が居る。

拳を振り下ろす。

だが、止まれない。

拳を振り下ろす。

止まれない。

拳を振り下ろす。

止まれない。

拳を振り下ろす。

止まれ、ない。

拳を振り下ろす。

止めてくれ。

拳を振り下ろす。

もう、止めてくれ。

誰か、止めて……。

誰かの声は聞こえる事の無いまま小さく掻き消えた。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント水樹 | URL | 2007-11-25-Sun 18:59 [EDIT]
でも、もう その振り下ろした拳を真っ向から受け止めてくれる人たちと出会っていると思うのです…。
コメントりんく | URL | 2007-11-26-Mon 00:42 [EDIT]
「応ともさー!」(がしっと受け止める!受け止めてみせる…っ!

というか、固有名詞がなくても 誰のことか伝わってくるって すごいことですよね。
冬摩さんの文って いいなぁ。
レスレス
コメント冬摩 | URL | 2007-11-26-Mon 19:03 [EDIT]
みずちーへ

そうかも知れませんね。
俺の頭の中では、彼が彼の使命を果たす中でのちょっとした心象、でしょうか。 というか、やっぱりこれ、誰の話か分かるもん何だなぁ。

りんくさんへ

受け止めたらダメージが酷いので避けてほしいのが本音のGMですが(笑

まぁ、きっとそれだけ有名に為ったってことでないかな、とか。
これまで色々やってますしね(笑

お褒めの言葉はありがたく頂戴します。 どうもどうも。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 冬吹雪。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。